ドエロ兄弟を応援する!

ブログの記事が面白かったら
500円を投げ銭して応援してください!

応援してやるぜ!

【応援】都合の良い大人たち

ドエロ兄弟を応援する
この記事は約5分で読めます。

スマートフォンと日常生活

我々の日常生活において、スマートフォンは切っても切れない関係であり、様々な「広告」によって意識誘導されてしまいます。

僕がブチ切れてしまったのは、多くの方々がメディアが安倍政権に都合のことが良いように報道しているということに対して怒っているにも関わらず、「テレビの報道番組で見たけど、今の若者は『菅官房長官を良い人』って思ってるらしいよー。馬鹿じゃないの?」と言っている莫迦なネーチャンがいましたが、自分自身が矛盾していることを言ってることが分かってないのです

メディア相関図(ネット拾い画像)

メディア相関図(ネット拾い画像)

メディア相関図(ネット拾い画像)

ネット戦略とメディア支配

戦争ができる国へ

言論弾圧と情報統制

我々は政府により言論統制され、情報統制され、各々の日常生活において、見聞きする情報は政府に都合の良い情報」が触れる比率の高いのは当たり前のことです。だから、怒ってるのだと思うにも関わらず・・・。

「菅官房長官が若者にウケてる」というのは、我々が批判しているメインストリーム・メディアからの情報であり、各々の日常生活を過ごす上で、「菅官房長官は良い人」って言っている若者を、僕は見たことがありません。つまり、多くの方々が、都合の良いところだけを見ているのです。だから、あったまに来ちゃうのです(`◇´)!

プロパガンダと偽旗作戦

自滅(?)と戦争(!)に向かう日本

バカなジジ・ババは使えない(笑)。

とある市議会議員とお喋りする機会があり、「今の若者は元気がない」と簡単に言われてしまい、「知識と教養がない」と言われてしまい、「デリカシーのないオッサンが何を言うんだ・・・」と思ったものの、しっかりとした書籍を読んで育った訳ではなく、基本的にバーチャル・コミュニティに接する機会が多く、電車の中でも、目の前の人間よりスマートフォンに魂を奪われているから、「人の気持ちが分からない若者が増えた」と大批判をくらっても仕方のないのかも知れませんが、この手の「オッサン」であったり、「オバサン」というのは、どの時代にもいる「最近の若い者は・・・!」という類のヤツだと思うので、そこまでムカつきませんでした。

「老婆心から言ってるんだよ、レオ君」と言われても、惰性に年齢だけを重ねてきただけの人間は「老婆心」という言葉を言っても説得力がない。この時、僕は説得力を持てる大人にならなくては・・・と思いました。

「今のオジさんとオバさんは、本当に頭が悪いな」と思ってるからこそ、「若輩者の言葉ですので・・・」という免罪符を使わせてもらっている訳ではありますが、世間の大人というのは、本当に「バカ」が多くて困っちゃうなと思ってしまい、次世代であったり、後輩たちには申し訳なさを感じています。

僕は、自転車操業でおカネを払わないといけなくなり、表側の皆様にはドン引きされてしまう可能性がありますが、一種の風俗バーである「ハプニング・バー」でバイトしていたことがあり、貧困女子であったり、LGBTだったり、エロオヤジ・エロババアと関わったり、デマカセかも知れませんが大手企業の重役が、エロに酔いしれて遊んでいる姿を見ていたからこそ、言えることはあると思いますwww。

デリカシーのない、市議会議員という肩書を持つオジさんに「風俗で働く女子が多いのは何故なのか?」と聞かれて、キョトンとしてしまいました。

(;^◇^;)え、知らないの?www 分かってないの? 馬鹿なのwwww?

「おいおい、市議会議員の皆さん、市町村の花壇にヒマワリかチューリップを植えることしか考えてねーのかよ」と言ってしまいたくなりました。

我慢が出来ずに当人に言いましたがwww。

多くの貧困女子であったり、僕がハプニングバーで働いたのも、血迷った気の迷いだったり、ヤリたくてやってるわけではありません。ヤリたくてやってる人もいますし、ハプニングバーはエロくて面白いというのも否定はしませんが、一般的ではなく健全ではありませんが、面白いです(●‾ο‾●)楽しいですしw。

生活に困窮して、支払うモノを支払いたいたいから、早く支払い終えたい、そういう純粋な気持ちを利用してヤクザ経営者が、孤独の気持ちを利用してやるのです。そんなのは、今の時代に始まったことではありません。社会悪は、どの時代にも存在します。ただ、その比率が高くなってるから問題なのです。

僕は言いたい放題、この場でストレス解消する為に発言している訳ではなく、いったい、どこまで出来るのか?

市議会議員は「貧困女子」を救いたいと思うのであれば、多くのヤクザ企業と立ち向かわないといけないと思います。結果的に、「不買運動」という方法が社会を変える唯一の方法なのかも知れません。

情報と知識を共有するインテリジェンス・シェアリングが重要なのかも知れません・・・が、多くの方々はスマートフォンの情報によって意識誘導されています

「どんなに借り入れしても、一ヶ月一万円を返済すればいいよ?(●‾ο‾●)」と言われてしまえば、生活困窮者にとっては、わらも掴みたいぐらいに、誘導されて借り入れしてしまいます。そして、結果的にボロボロになっていく。

だけれども、これは、今に始まったことではありません。

いつの世も同じだと思いますが、やっぱりオカシイと思います。

世間から貧困女子と関わって一緒に働いたことがある人間から言わせれば、市議会議員はヤクザの事務所に襲撃したりするぐらいのことをしてもらわないと変わりません。

言い方がオカシイのです。

「そんなことを言うのであれば、ヤクザの事務所を襲撃しろよ、市町村コミュニティを崩壊させているヤミ金であったり、アコムだったり、借金を誘発させる広告を全面禁止にしろ」って僕は言いたいです。

だからこそ、僕は政治では変えられないということで、ビジネスで変えていくしかないと思います。

結論として、政治で日本を取り戻すことが出来るのであれば、「オリーブの木」と「レイワ」の2つの政党しかないだろうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました